これで安心!災害時にも使える家庭用ポータブル発電機|使い方別に紹介

購入検討中の人のアイコン画像購入検討中の人

災害時に備えて家庭用発電機の購入したいけどどんなのが良いの?

アウトドア派の人のアイコン画像アウトドア派の人

今度キャンプに行くのでポータブル発電機のおすすめが知りたい!

こんな質問にお答えします。

本記事の内容
  • ポータブル発電機とは?
  • 使用シーン別おすすめ発電機
  • 特徴やメーカーで選ぶ
  • 選ぶ時の注意点
本記事の信頼性
タクローのアイコン画像タクロー

この記事を書いている僕は製造業勤務(品質担当)。
発電機の製造に携わった経験があり、構造や特徴等の知識があります。

発電機は災害時、アウトドア、DIYなどのシーンで電源確保として使用されますが、それぞれのシーンに適した発電機を選ぶ必要があります。

でも様々な種類の発電機が各社から販売されているので選ぶのに迷ってしまいますよね…

今回は利用シーン別におすすめの発電機を紹介します。

選ぶポイントも併せて紹介していくので安心して選ぶことができますよ。

この記事が購入検討中の方のサポートになれば幸いです。

目次

ポータブル発電機とは?

引用:ヤマハ発動機製品サイト

持ち運びが簡単な電源

携行が可能なコンパクトサイズの発電機のことです。病院や施設等に設置されている据え置き型の発電機とは違い、持ち運びが簡単。好きな場所で電力を確保できる優れものです。

きっと皆さんも工事現場や夏祭りの出店等で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

購入はインバーター発電機一択

最初に言っておきたいのは一般家庭での利用を想定(利用シーン関係なく)しているのであれば購入はインバーター発電機一択ということ。間違いありません。

最近販売されているポータブル発電機もインバーター型が主流です。

インバーターって何?という方も多いと思いますが安心してください。

その特徴と他の発電機との違いについて説明します。

インバーター発電機の特徴

ずばり高性能

パソコンなどの精密機器は周波数や電圧変動の少ない良質な電気の供給が不可欠。

それを実現させてくれるのがインバーターです。

発電機にインバーターが組み込まれており、パソコンなどのマイコン内臓の電気機器の使用やスマホの充電などが可能となります。

現在家庭で使われている家電も高性能化(コンピュータ内臓)してきていますのでほとんどの家電を使うにはインバーターが必要な状況です。

現代社会においては必須な機能ですよね。

他の発電機との違い

インバーター式の他にはサイクロコンバーター式スタンダード式というものがあります。

サイクロコンバーター式

日本では2種類の電気があります。周波数の違いです。

東日本は50Hz西日本は60Hzの電気を使っています。両方の周波数を出力できるのがサイクロコンバーター発電機です。 周波数の切り替えが可能ということですね。

スタンダード式

周波数の切り替えが出来ません。購入の際には50Hz、60Hzどちらの周波数に適合しているか確認が必要です。

使用シーン別発電機

タクローのアイコン画像タクロー

それでは発電機が必要なそれぞれの場面別におすすめを紹介します。

①災害時用非常電源

ホンダ(Honda)発電機 エネポ EU9iGB 900VA

燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
ガス90079~8419.5

一般家庭で持つならこれ一択!

保管が楽なカセットガスを燃料としている発電機です。本体に車輪が備え付けられておりスーツケースのように持ち運ぶことが可能。非常にコンパクトなので保管にも場所を選ばず、道具感がないスタイリッシュな見た目も良いですね。

保管専用のボディカバーも設定されています。

②アウトドア

ヤマハ 防音型 インバータ発電機 EF1600iS 1.6kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付

燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
ガソリン160051.5~6120.0(乾燥重量)

大容量発電とデザインの両立!

パワフルでデザインにもこだわりたいアウトドア使用にはヤマハの発電機がおすすめです。

静音性にも定評があり夜間使用や早朝の使用にも一役買いそうですね。並列運転も可能なのでリッチに2台使いにすると大容量発電が可能になります。コンパクトなボディも高評価ですね。

ヤマハ発動機からはアウトドア利用を意識したデザインの発電機も販売されています。

画像はEF1600ISのカモフラージュ柄です。アウトドア派には心動かされるデザイン。さすがヤマハですね。

引用:ヤマハ発動機製品サイトhttps://www.yamaha-motor.co.jp/generator/lineup/inverter/ef1600isc/
引用:ヤマハ発動機製品サイトhttps://www.yamaha-motor.co.jp/generator/lineup/inverter/ef1600isc/

③DIY

ヤマハ オープン型 インバータ発電機 EF2500i 2.5kVA [50Hz/60Hz] 25Aコンセント付

燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
ガソリン250065~6829(乾燥重量)

万能型のロングセラー

ヤマハ発電機の代表格とも言えるロングセラー発電機です。フレームに囲まれた武骨なデザインは道具感がありDIYのお供にピッタリ。多用途に活躍が期待できる頼もしい一台ですね。

特徴で選ぶ

発電機が持つ特徴別におすすめを紹介します。

①静音性

ヤマハ 防音型 インバータ発電機 EF900iS 0.9kVA [50Hz/60Hz] 直流12V-8A付

燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
ガソリン90048.5㏈12.7(乾燥重量)

静音性重視ならこれ一択

とにかく静かな発電機が欲しい方におすすめです。運転音の静かさが数ある発電機の中で群を抜いています。コンパクトなボディで携行性にも優れています。

②大容量発電

ヤマハ 4.0kVA防音型インバーター発電機 EF4000ISE

燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
ガソリン400058~89.594(乾燥重量)

大容量発電+長時間運転可能

良質な電気を長時間使いたい方におすすめ。大容量発電と大型燃料タンクにより長時間運転が可能です。

静音設計なのも好印象ですね。

③携行性

パワーテック インバーター発電機PGシリーズ(ガソリンエンジン)(※屋外専用) PG700i
燃料定格出力(w)運転音(㏈)重さ(kg)
混合燃料700658.5(乾燥重量)

トップクラスの軽さ

インバーター発電機の中ではトップクラスの軽さを誇り、持ち運び楽々。女性やお年寄りでも運べそうですね。

とにかくコンパクトな発電機をお探しの方に

④コスパ

工進 インバーター発電機 (定格出力2.8kVA) GV-28i

低価格なのに大容量発電

インバーター発電機の中ではトップクラスのコスパを誇り、他メーカーの同クラスの発電機と比較するとかなり安価です。

どうせ購入するならたくさん発電できた方が良い!という方におすすめです。車輪もついていて持ち運びも楽々。

メーカーで選ぶ

既に使用している道具などがあればメーカーを揃えて使うのもおもしろいですよね。

また、メーカーごとにボディカラーも異なります。好みの色で選ぶのも楽しいですね。下記にポータブル発電機を販売しているメーカーを紹介します。

①本田技研

引用:本田技研製品サイト
https://www.honda.co.jp/generator/

②ヤマハ発動機

引用:ヤマハ発動機製品サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/generator/

③株式会社マキタ

マキタ(Makita) インバータ発電機 出力 2.5kVA EG2500I

https://www.makita.co.jp/

※画像は製品ラインナップの一部です。他モデルはメーカーウェブサイトにてご確認ください。

④ヤンマー

ヤンマー インバータータイプ発電機 G1600iS 防音タイプ

https://www.yanmar.com/jp/construction/products/generator/g-inverter/

※画像は製品ラインナップの一部です。他モデルはメーカーウェブサイトにてご確認ください。

⑤デンヨー

デンヨー エンジン発電機 小型ガソリンエンジン GE-2000SS-IV

https://www.denyo.co.jp/products/user_data/generator.php

※画像は製品ラインナップの一部です。他モデルはメーカーウェブサイトにてご確認ください。

⑥やまびこ

やまびこ産業機械 新ダイワ インバータ発電機(防音型) IEG900M-Y

http://www.yamabiko-corp.co.jp/shindaiwa/products/category/contents_type=453

※画像は製品ラインナップの一部です。他モデルはメーカーウェブサイトにてご確認ください。

選ぶ時の注意

①スマホ充電やパソコン使用可能か?

冒頭でも触れましたが現代社会ではスマホ充電やパソコンの使用は日常生活に定着しています。これらを発電機でおこなう為にはインバーター型であることが必須条件。インバーター型でない発電機で使った場合には最悪故障してしまいます。

購入の際にはインバーター型であるかどうかしっかり確認しましょう。

②エンジン始動方法

発電機のエンジンの始動方法は主に2種類あります。それぞれの方法について簡単にご説明します。

リコイル式

エンジンと連結しているロープをノブを握って勢いよく引っ張る。やや力が必要なので非力な女性やお年寄りではエンジンを掛けづらい可能性あり。700w~2500w程度の発電機によく採用されている。

モーター式

車のエンジンを掛けるようにキーを回してエンジンを始動させる。使う人を選ばず体力的な負担も少ない。2500w以上の高出力発電機に採用されている。

主に使う人に合わせて選びましょう。購入の際には実際に使ってみることをおすすめします。

まとめ:使用用途に適した発電機を選ぼう

ポータブル発電機の利用シーン別におすすめをご紹介しました。記事内で何度か触れましたが一般家庭用で購入をお考えでしたらインバーター型であることが必須です。利用条件にあったお気に入りの発電機を見つけましょう。

選び方についてもっと知りたい方は下記記事を読んでいただけると理解が深まると思います。

今回はこれまで!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・30代男性
・製造業サラリーマン
・4児のパパ
・借金王(マイホーム、マイカーローン)
・副業ブロガー目指して奮闘中
・無趣味(学生時代はテニス漬け)

コメント

コメントする

目次
閉じる