【ブログ継続が余裕】初心者は絶対これ!ワードプレステーマ『SWELL』

のアイコン画像

ブログを始めたいけどワードプレステーマ選びに迷ってる…

のアイコン画像

『SWELL』が気になってて情報が欲しい

そんなお悩みを解決します。

僕はワードプレステーマ『SWELL』に出会ってブログ人生が良い方向に変わっていきました。

何が変わったか? …圧倒的に『楽しく』なりましたね。

本記事の内容

  • SWELLの魅力(メリット)
  • デメリット

ブログで収益を得るためには『継続』が大前提。

でも結果が出ない中で継続していくのは非常に苦しいものです。

継続できなくなる時の一例

  1. 他のブロガーのサイトと比較してしまう ⇒ 自分のブログが貧相に見える
  2. デザインやカスタマイズに挑戦 ⇒ 時間がかかる上に上手くできない
  3. 記事作成が止まる
  4. ブログ触るのが億劫になる

初心者であればだれもが直面する問題でしょう…実際に僕もそうでした。

しかしこの『SWELL』は【楽】という観点から我々ブロガーをサポートしてくれる神テーマです。

タクローさん(筆者)

  • 工場勤務(10年越え)
  • 30代男性 既婚
  • 特技無し
  • 趣味無し
  • 4人の子育て中(長男8才、次男4才、三男2才、四男0才)⇒ 故に自分の時間少ない
タクローさんのアイコン画像タクローさん

こんな僕でもブログを継続(4か月目)できているのは『SWELL』との出会いがあったから。『SWELL』がなければ僕は今ごろブログを書けていないでしょう!(断言)

それ程大切な出会いでした。

故に僕は『ブログ初心者』『ブログを継続できるか不安な人』こそ有料テーマを。特に『SWELL』を導入すべきだと考えています。

だから『SWELL』をもっと知ってほしい!広まってほしい!のです。

今回はその『SWELL』の魅力について紹介していきます。

ブログを始めようと思っている方やテーマ変更を検討中の方の参考、後押しになれれば幸いです。

目次

『SWELL』ってどんなテーマ?

画像引用:https://swell-theme.com/
テーマ名SWELL
開発者了さん(@ddryo_loos)
販売価格17,600円(税込)
リリース2019年3月

2019年3月にリリースされた新しいテーマ。

口コミで知名度が上がり、最近人気急上昇中です。

下記のようにブログ運営する上で必要な機能が標準装備されているとても充実したテーマとなっています。

  • SEO対策済み
  • ワードプレス高速化機能
  • サポート対応(専用フォーラム設置)
  • テーマ使いまわしOK(複数サイト使用可能)
  • マニュアル充実
  • ブロックエディタに完全対応(Gutenberg対応)

『SWELL』のここがすごい!

ブログ運営歴が浅い僕ですが『SWELL』を導入して感動、歓喜しました。

単純に『SWELL』ってすごい!!と感じた部分について紹介していきます。

デザインがカッコイイから【楽しい】

まず導入しただけですでにカッコよいデザインのサイトを自分の物にできます。

ド迫力のメインビジュアル

画面いっぱいに画像や動画を埋め込んで魅せることができます。

僕の『SWELL』欲しい欲は8割この時点で決まってしまいました。

さらにこのメインビジュアルは簡単にフィルター加工できてしまうのが魅力的!

カスタマイズ画面でワンクリックで誰でも簡単にいい感じの画像に仕上げれます。

加工の種類は計4種類

「ブラー」「グレースケール」「ドット」「ブラシ」

記事スライダー

読んでもらいたい記事をトップページにスライダーで流すことができます。

スライドの形状や余白の有無、ペースなどもお好みで変更可能。細部までカスタマイズできるのが嬉しいですよね。

デモサイトの着せ替えデータダウンロード

『SWELL』では既にカスタマイズ済みのデータを配布してくれています。

購入して上手くカスタマイズできるか不安な人でも一発で今風のお洒落なサイトが作れますよ。

※完全再現できない場合もあるようなので多少の調整は必要になる可能性もあります。

計6種類のデモサイトがあります。

カスタマイズや記事作成が【楽】

トップページのカスタマイズも軽々!

HTMLやCSSなどの知識がなくても直観的にサイトデザインできるのが特徴です。

専用のカスタマイズ画面がありますので、そこでクリックするだけで簡単にデザイン変更が可能。

SWELL専用のブロック

「吹き出し」「キャプション付きブロック」「関連記事」などのブロックがワンクリックで使えます。

誰にもきっとある「どこかのサイトで見た憧れの装飾」が簡単に実現可能です。

サポートが充実しているから【楽】

のアイコン画像

導入後に上手く使えるか?と不安があるかもしれませんが心配ご無用です。

設定マニュアルが十分すぎるぐらいに充実している

SWELLの公式サイトに設定マニュアルが用意されています。

これは非常にありがたいです。僕もそうなんですが経験がない人は導入したあとまず何から手を付けていいか分からないんですよね。

インストールから導入後初期に実施したい細かい設定まで丁寧に解説してくれているので完全初心者でも安心して使用可能です。しかもすべて画像付きなのでまず悩むことはないでしょう。

フォーラムサイトで疑問を解決

もし設定マニュアルを見ても分からない…!という部分があっても大丈夫です。

SWELLにはユーザー専用のフォーラムサイトがあります。

ここでは質問することが可能ですし、過去に同じような疑問を抱えた人がいれば解決策が記載されています。

他テーマからの移行が楽勝

SWELLでは「他テーマからの乗り換えサポートプラグイン」を提供しています。

これを使えばサイト内の表示崩れを最小限に抑えてくれるのでテーマ乗り換え後、修正の手間が大幅に削減できます。

乗り換え対応テーマはこちら
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

※2020年6月現在

今後上記以外にも対応テーマが増えていく可能性があります。

のアイコン画像

実際に僕も「Cocoon」からの乗り換えだったのですがとても楽でした!というか直すところありませんでした!

開発者の熱意と魅力

ユーザーファースト感がすごいです。常にユーザーのことを考えてくれています。

実際に便利機能搭載などでコマめにアップデートが行われていますし、フォーラムを見ていてもユーザーの声に対して素早く、紳士に対応してくれています。とても信頼できますよね。

以下https://swell-theme.com/より抜粋

SEOはコンテンツが全て」と言われている今、”SEOに強いWordPressテーマ“というものは存在しなくなりました。

“SEOの強さ”をWordPressテーマに求めることは、もうできません。
では、求められるのは”表示速度の高速化“でしょうか。

それも違う、と私は思っています。
コンテンツの質に比べれば表示速度の重要性は小さくなっていますし、よほど遅すぎるわけでなければ十分でしょう。

では、何が求められるのでしょうか?

それは、”ユーザーがコンテンツの質を高めるためのサポートが充実しているかどうか” だと思っています。

  • 美しいデザイン
  • ストレスの少ない快適な使い心地
  • 思い通りのコンテンツが簡単に作れる楽しさ

などによって、ユーザーのあらゆる体験を全てランクアップさせるような
コンテンツ制作のモチベーションを高めるための良きツールであること” を第一に考えながらSWELLは作られています。

デメリット

良いところが目立つのであまりデメリットだと感じていませんが強いてあげるとこれぐらいになるのかなぁと思います。

価格設定が高い

他有料テーマと比較すると価格が若干高めです。

僕は有料テーマをSWELLしか使ったことがないので他テーマとの機能的な違いは分かりません。もしかしたらもっと安価なテーマでもSWELL同等の機能があるかも?でもSWELLにはこの価格以上の価値があると思います。

記事内で取り上げましたが、機能面で様々な恩恵が受けられる上に自分のサイトが好きになります。

なんかこう『愛着』が生まれるというか…これはサイトを運営していく上では非常に大切な要素ではないか?とビギナーながらに感じております。

テーマ名価格(税込)
SWELL17,600円
JIN14,800円
AFFINGER514,800円
THE THOR16,280円
SANGO10,800円
STORK10,800円
2020年6月現在

情報が少ない

後発テーマ故にやや情報は少ない気がします。

しかしこれについては利用者増に伴い改善されつつあります。今後更に情報は増えていくでしょうし、心配する点ではないかと。

なにより公式サイトでかなり情報は入手できますからね。

まとめ:『SWELL』は最高

『SWELL』は基本的な機能を備えていながら誰でも簡単におしゃれなサイトが持てる最高のテーマです。

冒頭でも述べましたが『楽しくブログを継続』するなら『SWELL』一択!

『SWELL』で最高のブログライフを送りましょう!

基本装備

  • SEO対策済み
  • ワードプレス高速化機能
  • サポート対応(専用フォーラム設置)
  • テーマ使いまわしOK(複数サイト使用可能)
  • マニュアル充実
  • ブロックエディタに完全対応(Gutenberg対応)

特化機能

  • 基本デザインがカッコイイ
    • メインビジュアル
    • 記事スライダー
    • 着せ替えデータ配布
  • カスタマイズや記事作成が楽々
    • 直観的なデザイン可能
    • 専用ブロックが充実
  • サポートが充実
    • 設定マニュアル完備
    • フォーラム設置
    • 他テーマからの乗り換えプラグイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・30代男性
・製造業サラリーマン
・4児のパパ
・借金王(マイホーム、マイカーローン)
・副業ブロガー目指して奮闘中
・無趣味(学生時代はテニス漬け)

コメント

コメントする

目次
閉じる