【公園シリーズ】掛川市22世紀の丘公園|静岡県西部の公園おすすめ|大型遊具|たまり~な

子育て世代の心強い味方、公園。

子供も親も思いっきり遊べて羽も伸ばせるのでリフレッシュにはもってこいですね。

特に現在のコロナ禍では公園を上手に活用してストレス発散、心身の健康維持に努めたいところ。

今回は我が家の子供達が大好きな公園をご紹介します。

静岡県掛川市にある『22世紀の丘公園』という公園です。

それでは早速レポートしていきます。

目次

掛川市22世紀の丘公園|たまり~な

静岡県掛川市にある『たまり~な』の愛称で慕われる子供達から大人気の公園です。

プールや温浴施設、研修施設などの屋内施設を兼ね備えた総合公園となっています。

たまり~なの特徴
  • 超大型遊具
  • 多目的広場がある
  • 充実の公園設備
  • 自然豊か
  • 休日のゴールデンタイムは混雑

所在地|アクセス|駐車場

所在地

所在地

〒436-0111

静岡県掛川市満水1652

アクセス

掛川市の東側に位置しておりナビを頼りに行けば迷うことはほぼ無いでしょう。

丘を登り切ったところにあります。

近くに新幹線と電車の線路があるので見せてあげるとお子さんが喜ぶかもしれません

駐車場

  • 第一駐車場
  • 第二駐車場
  • 第三駐車場
  • 第四駐車場

上記のようにたくさんあるので駐車できない…!なんてことにはなりませんが休日のゴールデンタイムは非常に混雑しており公園横の第二駐車場に停めるのは至難の技です。

園内マップ

  • たまり~な(管理施設
    • プール
    • 温浴施設
    • 研修施設
    • たまり~なカフェ
  • 遊びの里(児童遊具ゾーン)
    • 複合遊具
  • にぎわいの里
  • 遊びの里(幼児遊具ゾーン)
    • 3連スライダー
    • パネル遊び
    • 4連ブランコ
    • くるくるパトロール
    • シーソー
  • 芝生広場①②③

遊具が豊富で敷地も広く公園の規模としては非常に大きく、芝生の敷地がとても広いので小さなテントを設置して日陰を作って過ごすファミリーが多い印象です。

たまり~なの屋内施設には休憩所もあり持参したお弁当などを食べる事もできますよ。

コロナ禍である2021年6月現在では屋内での食事には制限がある可能性がありますのでご留意ください。

遊びの里①|児童用遊具ゾーン

超大型の複合遊具があるエリアです。

大きいのでまだ遊び方に不安のあるお子さんに大人が付いていって一緒に遊ぶこともできますよ。

タクロー

実際に私も一緒に付いて行って遊んでいますが大人でも全く問題ありません。

公園のルールを守って楽しく遊びましょう

複合遊具(ローラースライダー)

公園に到着するとまず目に入るのがこの遊具です。

子供達は大興奮すること間違いないでしょう。

タクロー

我が家は何度もこの公園を訪れていますが子供達は毎回大興奮!
到着すると一目散にこの遊具に走り出します。

タクロー

他にも写真に撮り切れないほどの遊具がありますので是非現地で楽しんでくださいね!

遊びの里②|幼児用遊具ゾーン

こちらはまだ児童遊具ゾーンでは遊べないお子さんも楽しめる幼児用遊具が揃ったエリアとなります。

3連スライダー

3種類の滑り台があります。

どれも短く小さなお子さんでも安心して遊ぶことができますね。

パネル遊び

全10種類のパネルがあり、絵合わせ、音遊び、回転遊びなど目や耳で楽しめる遊具が揃っています。

ファーストプレイトドラー

こちらはパネル遊具の中心にある小さなお子さん向けの遊具です。

写真では伝わりにくいですが小屋のように囲われたところに出入口や出窓のようなところがあり”ごっこ遊び”などをすることもできます。

砂場にもなっているので決まった遊び方はないようですね。

子供が遊び方を決める。そんな場所になっています。

4連ブランコ

スタンダードなブランコが2つ、小さな子供でも遊べる幼児用ブランコが2つあります。

個人的には幼児用ブランコがある公園は本当にありがたいですね。

タクロー

我が家の三男はまだ普通のブランコに座れないので非常に助かります。

くるくるパトロール

三輪車のように漕いで遊ぶ遊具です。

1人では重くて遊ぶのが大変ですが他に遊んでいる子と遊ぶと楽しさも倍増。

初対面の子でもいつの間にか楽しそうに話していたりしてコミュニケーションのきっかけにもなる遊具ですね。

写真はまだ一人で頑張っている時の次男(笑)

数人で遊んでいると結構スピードが出るので小さなお子さんなどが巻き込まれないように注意してください。

シーソー

2人乗りのシーソーがあります。

4人で遊んだら迫力がありますよ。

多目的広場

多目的広場は砂利のエリアとなっています。

その名の通り多目的に使えて、ボール遊びやバトミントンなどで遊ぶファミリーが多い印象ですね。

広大な芝生広場

芝生広場はその名の通り全面芝生となっています。

小型テントを張って拠点を構えているファミリーが多い印象ですね。

『となりのトトロ』に出てきそうな木もあって子供達は探検気分を味わっていました。

たまり~な|管理棟|たまカフェ

『たまり~な』という屋内施設で公園利用者には休憩スペースにもなっています。

温水プールや温浴施設なども備えていて充実しています。

たまり~な|屋内休憩所

たまり~なカフェ

たまり~なカフェ通称”たまカフェ”の愛称で親しまれているテイクアウト専門のカフェもあり軽食やドリンクなどを楽しむことができます。

手ぶらで公園にいっても1日楽しむことができますよ。

営業日土・日・祝日のみ ※雨天時は休業または短縮営業
営業時間am11:00 ~ pm3:30
ラストオーダーpm3:00
定休日平日・年末年始

営業しているタイミングが限られているのでカフェ目当てで訪れる際にはお気をつけください

タクロー

地元掛川茶を使用したメニューが揃っています

公園設備

最後に公園の設備についてご紹介します。

子育て世代にとっては公園設備の良し悪しについては気になるところですよね。

”もしも”の事態に陥った時に設備が充実していると非常に助けられます。

タクロー

22世紀の丘公園は設備も充実しているので安心して過ごすことができますよ

トイレ

トイレは屋内施設”たまり~な”と児童遊具ゾーンの2か所に設置されています。

公園内どこで遊んでいても適度な距離ですし管理されているトイレなので綺麗で安心して使うことができます。

児童遊具ゾーンのトイレは次に紹介する児童販売機が目印となります。

自動販売機

児童販売機も屋内施設”たまり~な”と児童遊具ゾーンに設置されています。

パパ

飲み物を忘れちゃった!!

ママ

遊びに夢中で飲み物が足りなくなっちゃった!!

そんな時でもすぐに買って水分補給ができるので心配ありません。

缶やペットボトルでの水分補給が難しいお子さんには紙パックのジュースも販売されていますので助かりますね。

タクロー

私はセブンティーンアイスも販売されているのでつい買ってしまいます

休憩所

屋根がある日陰の休憩所やベンチが公園内至る所に設置されています。

公園では子供は座ることなく常に動いているのでほとんど大人が座る用ですね(笑)

まとめ|一日中ピクニックが楽しめる満足度MAXな公園

  • 超大型遊具があり大人も一緒に遊べる
  • 広大な芝生広場で様々な遊びが可能
  • 管理されていて綺麗
  • 屋内施設あり(温水プール、温浴施設、たまカフェ、休憩スペース)
  • 充実の公園設備(トイレ、児童販売機、休憩所)

このように子育て世代にとっては長時間滞在できる条件が揃った公園となっています。

混雑している状況が苦手な方は平日or休日の朝8時頃を狙っていくと平和に遊べますよ。

タクロー

実際に我が家は混雑が苦手なので土日の朝早い時間に子供達と訪れています。

親子で楽しく過ごすには絶好のポイントではないでしょうか。

訪れたことのない方は是非一度行ってみてください。

きっとリピーターになってしまいますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

・30代男性
・製造業サラリーマン
・4児のパパ
・借金王(マイホーム、マイカーローン)
・副業ブロガー目指して奮闘中
・無趣味(学生時代はテニス漬け)

コメント

コメントする

目次
閉じる